ベセルナクリームは生理中に塗ってもいいの?

ベセルナクリームを生理中に塗る際の3つの注意点

 

ベセルナクリームを生理中に塗る際に
注意すべきことは3つです。

 

  1. タンポンを使う
  2. クリームが患部以外につかないようにする
  3. 生理でクリームが流れ落ちたら塗りなおす

 

 

1:タンポンを使う

 

 

ベセルナクリームを生理中に使う場合は、
ナプキンの代わりにタンポンを使うのが推奨されています。

 

理由は、副作用がおこるのを防ぐためです。

 

 

生理中はナプキンを使うので、患部が”密封された状態”になります。

 

クリームがついた患部をナプキンで密封状態にすると、
赤みやただれといった副作用がおきやすくなります。

 

そこで、代わりにタンポンを使います。

 

タンポンであれば患部が密封状態にならないので、
生理中でも問題なくベセルナクリームを使用できます。

 

 

2:クリームが患部以外につかないようにする

 

 

クリームが患部以外につかないすることも大切です。
(これは生理中に限った話でありませんが。)

 

誤って患部以外にクリームがつくと、副作用が起きる可能性があります。

 

特に膣口や尿道についた場合は、痛みや腫れが起きるだけでなく、
尿が出にくくなる恐れもあります。

 

タンポンを使う際は、タンポンにクリームがつかないように気を付けましょう。

 

タンポンにクリームがつくと、患部以外にクリームが付着してしまいます。

 

 

3:生理でクリームが流れ落ちたら塗りなおす

 

 

生理によってクリームが流れ落ちることがあります。

 

その場合は、できれば、塗りなおすようにしましょう。

 

 

ベセルナクリームは塗ってから6〜10時間後に洗い流すことになっています。

 

万が一、塗ってから6時間もたたないうちに、すぐ流れ落ちてしまったら、
再度、塗りなおすことが理想です。

 

(ただ、夜寝る前に塗って朝起きて洗い流す場合は、
塗りなおすのが難しいので、仕方ありません。)

 

 

ベセルナクリームを生理中に塗る際の注意点 まとめ

 

  1. タンポンを使う
  2. クリームが患部以外につかないようにする
  3. 生理でクリームが流れ落ちたら塗りなおす

 

 

特に大事なのがタンポンを使うということです。

 

ナプキンだと、どうしても患部が密封されるので
皮膚障害のリスクがあります。

 

タンポンであれば、そのようなリスクを避けることができます。

 

ベセルナクリームの販売会社である持田製薬は
生理中はタンポンを使ってください”といっております。

 

どうしても事情があってタンポンを使えない場合は
生理の期間はベセルナクリームを休止
するのがいいです。

 

 


ベセルナクリームが多めにあると安心です

 

生理中は、クリームを塗りなおす機会があるので、
ベセルナクリームを使う量が増えます。

 

気がついたら、なくなってしまった...という事態を避けるために、
多めにベセルナクリームを用意しておくと安心です。

 

 

ベセルナクリームは通販でも買えます。
(処方箋は不要です。)

 

通販であれば、病院にいかなくても手に入るので、
忙しい方には便利です。

 

 

しかも、通販だとジェネリック医薬品も買えます。

 

ジェネリック医薬品なら、お薬代を大幅に節約できるので、
多めに買っても大きな出費にはなりません。

 

以下の記事でくわしく説明していますので、参考にされてください。
   ↓↓

 

ベセルナクリーム通販なら、こちら!ジェネリック薬の最安値サイトを紹介


TOPへ